社員研修のいろいろな紹介と実態について!

Posted by

新入社員研修の内容。

新入社員研修はさまざまな能力を身に着ける必要がありますよね。一般的には、ビジネスマナーです。名刺交換や電話の受け答えなど社会人としての知識をロールプレイを主に通しながら習得します。次に、会社のルールです。給与体系や勤務体系など仕組みやルールを就業規則をベースに人事部門が対応します。最後に、会社紹介です。実際に何をやっており過去の実績や今後の取り組みを共有します。配属部署を検討してもらうため部門紹介もありますよ。

中堅社員研修の内容。

中堅社員においてもスキルアップが必要になってきますよね。リーダーや管理職を目指すのためにさらなる飛躍が必要ですよ。これを補うには能力開発の面からアプローチされます。コミュニケーション研修やプレゼンテーション研修などです。テキストや小集団活動を通して、習得して日常業務に生かす方法が一般的ですよ。専門知識もありますよ。商品知識や技術関連などがあります。部門のエキスパートが講師となって展開されます。体験を通して習得するケースもありますよ。

研修の多様化について

研修をする側のほうも、人を当てたりカリキュラムを組んだりするので工数がかかりますよね。社内にノウハウがあり豊かな資源があれば問題ないのですが、むずかしいケースがありますよね。それを解消するのが社外委託です。プロの人材開発にお願いすることでテキストの準備工数を割くことはもちろん、効率的に教えることができます。また、異業種交流会も兼ねて複数企業と合同でやることでコストメリットも引き出せますよ。出張を兼ねて集中的に行えます。

社員研修は新入社員だけに行うものではありません。管理職の管理能力UP、社員のモチベーションの向上など様々な形の研修があります。その人の立場にあった、仕事との関わり方を明確にすると効率も上がります。