web制作は自己満足にならないようにしなければならない!3つの要素が不可欠

Posted by

誰がwebサイトを訪問するのか決める

web制作する場合、誰かに利用されるwebサイトでなければならないので、適当に制作しないようにしなければなりません。誰でも良い、すべての人のために、などとターゲットを曖昧にしてしまうと、逆に誰も利用しなくなり、無駄なwebサイトとなるでしょう。そうならないためにも、どういうwebサイトを作るのか、何の情報を発信するためのものなのかを考え、そこから利用者を考えると良いです。考える場合、年代や職業、趣味、性別などと細かく考えておけば、利用者が殺到しやすくなります。

技術力ばかりにこだわらない

web制作する際、技術力をアピールすることに力を入れないように注意しなければなりません。目的は利用してもらうことであり、何度も訪問してもらうことなので、必要最低限の技術力で十分です。高い技術力を施した場合、利用しづらくなってしまい、分かりづらいという理由で訪問されなくなる恐れもあるので注意しましょう。ターゲットの利用スキルを想像し、それに合わせて技術力を行使することが大切です。もし、問題なく利用できる人だけをターゲットにするのであれば、高い技術力を行使しても問題はありません。逆に利用できない人をターゲットにする場合は、なるべくシンプルなものが望ましいので、技術力にこだわる必要はないです。

定期的にメンテナンスをしてレベルを上げる

webサイトを実際に制作した後、そのまま放置するのではなく、定期的にメンテナンスを施すことが大切です。思わぬバグが見つかる可能性や、思いもよらない表示がされていることがあるので、常にチェックをし、最高のものを提供するように心掛けましょう。また、訪問者の数や直帰率などから利用者を分析し、改善するためのメンテナンスを施すことも重要になります。どうすればより良いサイトを生み出せるのか、どう変更すれば数値が改善されるのかと考えながらメンテナンスをすると良いです。

web制作のコツをつかむために、IT関係のセミナーに参加をしたり、専門業者に外注したりすることが有効です。