ホームページの注意点!あなたに当てはまる内容かも?

Posted by

私のカッコイイや可愛いは、万人も同じ思いの勘違い

個人でホームページを作成するのであれば、好きなデザインでホームページを作成をしても問題はありません。ただし、制作会社にデザイナーとして勤めるのであれば、話は変わって来るのです。特に、初心者レベルのデザイナーの中には、私の価値観は必ず万人受け入れると思ってしまう考え方に注意をしなければなりませんよ。クライアントに対して、しっかりとした理由を付けて説明をする必要性も現れて来ますよね。なんとなくなどの発言は、デザイナーとして失格です。ホームページのデザインは、コンテツとの関連性に対して強い方が望ましく、関連性が強ければクライアントに説明しやすくなりますよね。

グループ分けを意識して

人の脳は、物事を分かりやすく理解するために、関連性のある物同士をグループ分けして理解しようとする働きもありますよ。例えば、背の高い人と背の低い人がいれば、高いと低いに分ける仕組みを持ち合わせているのです。グループは境界線がはっきりしていると、違うグループとして分かりやすい姿を作り出す事も出来ましょね。ホームペーのデザインも同じく、グループ分けを行い境界線を用いる事も大切です。この境界線は、空白としての間であったり、実際に線としての境界線の利用もあります。コンテツの詰めすぎる姿は、煩雑さを作り出し見づらい姿になりかねないため注意も必要です。グループ分けの中には、色の差によってグループ分けを作り出す方法もありますよね。

動く要素に対する注意事項

従来のホームページの中には、FLASHと呼ばれる技術を使い、動く要素を多く取り入れられていた時代もありました。当初は、物珍しさから興味を抱く人も多くいましたが、時が経つにつれ煩わしい姿に変わったとも言われているのです。その主な原因は、動く姿に意識が奪われまして、本文を読む妨げになった事も挙げられます。ただし、動く要素は、興味を抱かせるには効果を発揮させるには最適です。ホームペーのデザインを考える際は、この動く要素の配置に意識を配る事も大切ですよね。スライドショーなどの表現は、トップページの上部のみに用いる方が望ましいかもしれません。現在のホームページの技術の中には、背景画像を動画の様に表現する事も出来ますよね。背景に意識が集まりまして、コンテツに意識が集まりにくくなりますよ。見ているユーザーに対してストレスを与えやすくなるため、余り採用しない方が無難です。

レスポンシブデザインとは、スマートフォンやタブレットなど色々な端末に対応したウェブサイトを制作するデザイン手法のことです。端末過多な現代社会に適しており、多くのサイトに採用されています。